鬼デニム - シルエットのすべて

下記の記事で紹介した、鬼デニムのシルエットに関しての記事になります。


鬼デニムは似たシルエットでも若干のアップデートや生地によって調整をしていて、
そのため型番が変わっていてわかりづらいので簡単に説明します。(在庫がまだあるものです)

目次
1.スーパータイトテーパード
2.リラックステーパード
3.タイト、スリムストレート
4.レギュラーストレート


1.スーパータイトテーパード

ももから全体にかけて細いシルエット。
股上は浅く、裾に向かって激しく細くなっています。
裾上げをしてもテーパードが残るように、裾上げをしていない状態だと脚を通すのが厳しいほどに裾幅が細く作られてます。
16.5oz〜20ozの生地の厚さでこの細さを実現しているのは鬼デニムだけでしょう。
激しいアタリが期待できます。

f:id:hatakeyaya:20170501224042j:plain
606ID626LT666ZR

上記の3つはほぼ同じシルエットになります。

2.リラックステーパード

ゆとりを持って履けるよう、ももが広く、裾に向かって激しく細くなっているテーパードシルエット。
股上はレギュラーストレートよりも浅め。
テーパードのシルエットは好きだが、パツパツに履くのは厳しい、という方におすすめ。
ももが広い順(512から612の太ももの幅は同じくらい)に紹介します。
※明記されてなければ、太ももから下の太さ、テーパードの強さはほぼ同じと考えてください

f:id:hatakeyaya:20170501224046j:plain


512602622612

この4つはほとんど同じシルエットです。
512のみ、他よりも股からウエストにかけてのくびれが弱めになります。

f:id:hatakeyaya:20170501224051j:plain

502

スキニーフィットとあるが、ほぼ622と同じシルエット。若干テーパードが弱い

682XX(アメリカンテーパード)

622の改良版。622よりも若干ももの幅を狭くして、スッキリさせた。
また、バックヨークが広く、ポケットの位置が若干下にある。
アメリカンテーパードという名称から分かる通り、ヌーディージーンズなどの海外のデニムのシルエットに馴染みのある方におすすめ。
標準より若干ももが太い方に最適。

3.タイトストレート、スリムストレート

ももから裾にかけて細めのストレート。
太い順に紹介します。

f:id:hatakeyaya:20170501224049j:plain

506507516546

この4つはほぼ同じシルエット。
717とももから下の太さは同じくらいです。
717より、ももは若干広く、股上は若干浅い。

717XX(ユーロテーパード)

ももから裾にかけて、全体的にタイト。
バックヨークを広く取っており、ユーロタイトストレートとあるので、
海外のジーンズのようにポケットが若干下にある


4.レギュラーストレート

オーソドックスなストレート。

f:id:hatakeyaya:20170501224044j:plain
575

277より若干細い

277(青鬼)

鬼デニムの初期からある定番のシルエット。
鬼デニムの基本と言えるでしょう。

以上、鬼デニム - シルエットの全てでした

Think blue. Think Denimio.

INSTAGRAM
@DENIMIO_JPN

Denimio is Here↓